岐阜県庁健康福祉環境部薬務課から、下記情報をいただきましたので掲載します。

ぎふ薬事情報センター


事務連絡
平成14年3月27日

(関係団体)御中

厚生労働省医薬局食品保健部
企画課新開発食品保健対策室

カバを含有する製品に関する情報提供等について

 カバ(根)については、平成13年3月27日付け医薬発第243号医薬局長通知により、専ら医薬品として使用される成分本質(原材料)として扱うリストに掲載されましたが、本年3月31日までの間は、従前の取り扱い状況を踏まえ、これを含有することをもって直ちに医薬品に該当するとの判断を行わないとする猶予期間が設けられているところです。
 今般、カバを含有する製品の摂取により、肝臓障害を引き起こすとの報告がなされ、米国FDAが消費者への注意喚起を行っておりますので、参考までにお知らせします。
 また、我が国においては、上記の状況から、カバを含有する食品の販売は、現時点においてほとんどないと考えられますが、4月1日以降も引き続きこうした製品が食品として販売されることがないよう、貴傘下会員に対し、周知徹底を図られるようお願い申し上げます。


以下 省略

参考:FDAのHP(カバの注意喚起) http://vm.cfsan.fda.gov/~dms/addskava.html