かぜ症候群

 『かぜ』は、鼻腔、咽頭から気管支、肺までに起こる急性の炎症の総称で、主として上気道に起こる。原因のほとんど(80〜90%)はウィルスによるもので、炎症を起こす場所によって症状もさまざまである。そのため、かぜ症候群といわれるが、一般に『普通感冒』と『流行性感冒(インフルエンザ)』の2つに大きく分類される。かぜに類似の症状があっても、かぜ症候群ではない場合もあり、他疾患との鑑別が重要である。ウィルスは細胞壁、蛋白合成系、代謝エネルギー産生系が欠如しており、宿主細胞内でのみ増殖が可能で、一般の抗菌薬は無効であり、現在のところ一部のウィルスに有効な薬剤が開発されているにすぎず、一般にかぜの予後は良好なこともあり、治療は対症療法を中心に行なわれている。

かぜの病原体かぜの症状類似疾患
ウィルス(80〜90%):インフルエンザウィルスA,B,C、アデノウィルス、ライノウィルス、コロナウィルス、RSウィルス、パラインフルエンザウィルスなど。マイコプラズマ。クラミジア。一般細菌。 鼻汁、鼻閉・くしゃみ・咽頭痛・咳、痰・頭痛、発熱・悪寒・筋肉痛・関節痛鼻アレルギー・喘息、扁桃炎・慢性気管支炎・肺気腫・慢性気道感染症・気管支拡張症・肺炎、肺結核・肺癌

かぜの合併症

 ウィルスが感染すると気道上皮の線毛細胞が変性脱落し、粘液線毛輸送機能が低下し、障害された粘膜へ付着性の亢進した細菌が排除されにくくなり、二次感染が生じる。かぜ症状が遷延化したり、発熱が続き、膿性痰、末梢血白血球数の増加などがあれば二次感染を疑う。(咽頭炎、喉頭炎、気管支炎、肺炎)

かぜの治療

一般療法十分な睡眠、安静、保温、水分摂取、栄養補給、禁煙
対症療法鼻汁、咽頭痛解熱性鎮痛剤、抗ヒスタミン剤、消炎酵素剤
咽頭症状が強い場合細菌感染の予防をかねたうがい薬、トローチ
咳、痰が多い場合鎮咳去痰剤とともに合併症の除外を積極的に行なう
発熱、頭痛、筋肉痛解熱性鎮痛剤(38度以上の発熱で全身倦怠感や食欲減退がある場合、全身状態の改善に役立つ)
二次感染抗菌剤。ハイリスクグループの場合には最初から投与

かぜのハイリスクグループ


1:慢性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎、喘息など)
2:心臓病(弁膜症、うっ血性心不全)
3:腎疾患(慢性腎不全、透析患者)
4:肝疾患(肝硬変など)
5:代謝異常(糖尿病、アジソン病)
6:免疫不全状態
7:高齢
8:妊婦

主な細菌と抗菌薬


主な細菌病態抗菌薬
インフルエンザ桿菌慢性気管支炎、肺気腫AMPC、ニューキノロン
肺炎球菌セフェム、ペニシリン、マクロライド
モラキセラ・カタラリスニューキノロン、マクロライド
肺炎桿菌インフルエンザ感染後セフェム
緑膿菌慢性気道感染ニューキノロン

 一部のニューキノロン と一部の解熱性鎮痛剤との併用で稀に痙攣発作が報告されており、併用は原則的に行わない。
 妊婦の場合安全性を考慮にいれ、AMPCを投与する。

かぜと漢方薬


 有効な抗ウィルス剤がないことから、かぜ症候群は漢方治療のよい適応となっている。 特に、妊婦、老人、虚弱児では、漢方薬により副作用を防ぎ、治療日数を短縮し再発防止を期待できる。かぜ症候群を急性期、亜急性期、回復期の3期で分類する。

急性期亜急性期回復期
実↑||||↓虚 麻黄湯(高熱、無汗、関節痛)・葛根湯(項背緊張)・五苓散(小児、嘔吐)・小青竜湯(鼻水、くしゃみ)・桂枝湯(自汗)・麻黄附子細辛湯(悪寒強い)・香蘇散(胃弱、気うつ)・真武湯(無熱、悪寒) 小柴胡湯加桔梗石膏(中耳炎、扁桃延)・小柴胡湯(食欲低下、弛張熱)・小柴胡+麻杏甘石湯(急性気管支炎)・小青竜湯(咳)・竹如温胆湯(咳、不眠)・柴胡桂枝乾姜湯(微熱、寝汗)・参蘇飲(胃弱、咳、気うつ)・真武湯(下痢) 麻杏甘石湯(喘鳴、咳)・麦門冬湯(乾咳)・滋陰降火湯(乾咳)・清肺湯(慢性気管支炎)・補中益気湯(回復促進)

相互作用

 DI−GIFU NO.15を参照。(ぎふ薬事情報センターへお問い合わせ下さい)

感冒薬と禁忌

 かぜはだれもがかかる病気で、普通は軽くすんでしまうために、『たかがかぜ』と思われがちであるが、かぜの特効薬がなく、その予防も大変難しい現在では、多くの疾患を有する患者に対する治療は慎重さを必要とし、高齢者、妊婦、乳幼児のかぜも問題である。以下にかぜの症状に対する薬剤についての禁忌事項をあげるが、添付文書に記述される項目で『過敏症あるいはショックの既往を有する患者への投与』と『妊婦・授乳婦への投与』についてははぶく。

抗アレルギー剤

●d-マレイン酸クロルフェニラミン(例:ポララミン)
1:緑内障抗コリン作用により眼内圧が上昇し、緑内障が増悪することがある。
2:前立腺肥大等下部尿路の閉塞性疾患抗コリン作用により排尿困難、尿閉等があらわれ、症状が増悪することがある。
3:未熟児・新生児中枢神経系興奮など抗コリン作用に対する感受性が高く、痙攣など重篤な反応があらわれるおそれがある。

●塩酸シプロヘプタジン(例:ペリアクチン)
1:緑内障抗コリン作用により眼内圧が上昇し、緑内障が増悪することがある。
2:狭窄性胃潰瘍抗コリン作用により胃内容の停滞が起こり、その結果胃酸分泌亢進が起き症状を悪化させるおそれがある。
3:幽門十二指腸閉塞抗コリン作用により胃内容の停滞が起こり、幽門十二指腸部の膨満が起こり、症状を悪化させるおそれがある。
4:前立腺肥大等下部尿路の閉塞性疾患抗コリン作用により尿閉を悪化させるおそれがある。
5:気管支喘息の急性発作時の患者抗コリン作用により気管内分泌が抑制され、喘息を悪化させるおそれがある。
6:新生児・未熟児安全性が確立されていない。
7:老齢の衰弱した患者安全性が確立されていない。

●硝酸ナファゾリン点鼻(プリビナ点鼻液)
1:2才未満の乳・小児小児は本剤に対する感受性が高く、過量投与した場合、中枢抑制作用、呼吸障害、昏睡などが現れ、乳児でのショック例が報告されている。
2:MAO阻害剤の投与を受けている患者αアドレナリン作動薬であり、急激な血圧上昇を起こすおそれがある。

●スルピリン
1:先天性G−6PD欠乏症遺伝的にG−6PDが欠乏した患者に溶血貧血が発現したという報告がある。
2:重篤な血液の異常症状を悪化させるおそれがある。
3:重篤な肝障害のある患者症状を悪化させるおそれがある。
4:重篤な腎障害のある患者症状を悪化させるおそれがある。
5:(坐剤)直腸炎、直腸出血又は痔疾のある患者挿入による物理的刺激および本剤のもつ粘膜刺激作用のため、症状を悪化させるおそれがある。

●イブプロフェン(例:ブルフェン)
1:消化性潰瘍のある患者PGの生合成阻害作用、胃粘膜への直接作用、粘膜構成成分である糖蛋白の生合成阻害作用、抗肉芽作用により悪化させるおそれがある。
2:重篤な血液異常シクロオキシゲナーゼの活性を阻害するので、血小板凝集を起こすトロンボキサンA2の生成が抑制され、血小板機能の障害を起こし、悪化するおそれがある。
3:重篤な肝障害悪化するおそれがある。
4:重篤な腎障害腎におけるPG合成阻害作用が腎血流減少や腎での水およびNa再吸収増加を引き起こし、腎機能を低下させるおそれがある。
5:重篤な心機能不全腎におけるPG合成阻害作用により浮腫や循環体液量の増加が起こるため、心臓の仕事量が増し症状を悪化させるおそれがある。
6:アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作の誘発)又はその既往歴のある患者アスピリンおよび非ステロイド性消炎鎮痛剤による喘息発作は気道局所におけるPGの急激な減少および増加によるアンバランスが生ずると発症するため、本剤のようにPG合成阻害を有する薬物は禁忌である。
7:重篤な高血圧症腎血流の減少、水・電解質排泄障害を起こすため、体液貯留を起こし、高血圧症を悪化させる。
8:(坐剤)直腸炎、直腸出血または痔疾のある患者挿入による物理的刺激および本剤のもつ粘膜刺激作用のため、症状を悪化させるおそれがある。

鎮咳剤

●リン酸コデイン
1:重篤な呼吸抑制呼吸抑制を増強する。
2:気管支喘息発作中の患者気道分泌を妨げる。
3:重篤な肝障害昏睡に陥ることがある。
4:慢性肺疾患に続発する心不全の患者呼吸抑制や循環不全を増強する。
5:痙攣状態脊髄の刺激効果があらわれる。
6:急性アルコール中毒呼吸抑制を増強する。

●臭化水素酸デキストロメトロファン(例:メジコン)
1:MAO阻害剤投与中の患者外国でphenelzine(MAO阻害剤)との併用により、痙攣、反射亢進、異常高熱、昏睡等の症状があらわれたとの報告がある。

総合感冒剤

●ヨウ化イソプロパミド、塩酸フェニルプロパノールアミン、塩酸ジフェニルピラリン(ダンリッチ)
1:緑内障ヨウ化イソプロパミドの抗コリン作用により眼内圧が上昇し、緑内障が増悪することがある。
2:重篤な心疾患塩酸フェニルプロパノールアミンの交感神経刺激作用とヨウ化イソプロパミドの抗コリン作用により、心機能亢進、血圧上昇、不整脈をきたすおそれがある。
3:気管支喘息塩酸ジフェニルピラリンの抗ヒスタミン作用とヨウ化イソプロパミドの抗コリン作用により、咽頭、気管支の乾燥をきたし、分泌物の粘稠度を増すため、喘息を悪化させるおそれがある。
4:前立腺肥大等下部尿路の閉塞性疾患ヨウ化イソプロパミドの抗コリン作用により排尿筋の弛緩と括約筋の収縮が起こり、尿の貯留をきたすおそれがある。
5:重症筋無力症ヨウ化イソプロパミドの抗コリン作用により、筋緊張が低下し、症状を悪化させるおそれがある。
6:麻痺性イレウスまたは重篤な潰瘍性大腸炎ヨウ化イソプロパミドの抗コリン作用により、麻痺性イレウスの患者に投与すると胃腸管運動が抑制され症状を悪化させるおそれがある。また潰瘍性大腸炎のある患者に投与すると中毒性巨大結腸があらわれることがある。

●サリチルアミド、アセトアミノフェン、無水カフェイン、プロメタジンメチレンジサリチレート (PL顆粒)
1:消化性潰瘍サリチル酸誘導体による胃液分泌の亢進、胃粘膜に対する直接的障害、出血作用などが報告されている。
2:アスピリン喘息又はその既往歴のある患者サリチル酸誘導体によるアスピリン喘息を誘発することがある。
3:昏睡状態の患者またはバルビツール酸誘導体麻酔剤等の中枢神経抑制剤の強い影響下にある患者プロメタジンが中枢神経抑制作用を有し、バルビツール酸誘導体、麻酔剤の併用により中枢抑制作用の増強や麻酔剤の作用持続時間の延長がみられる。昏睡状態を増強するおそれがある。
4:緑内障プロメタジンの持つ抗コリン作用により散瞳し、眼内圧が上昇し症状が悪化するおそれがある。
5:前立腺肥大等下部尿路の閉塞性疾患プロメタジンの持つ抗コリン作用により排尿筋の弛緩と括約筋の収縮が起こり、尿の貯留をきたすおそれがある。

抗菌剤

●アンピシリン
伝染性単核症本症は発熱、全身性のリンパ節腫脹をおもな症状とする伝染病の一種であり、血液中の単核細胞が著明に増加している。本症の患者にアンピシリンを投与した場合に、高率に皮膚発疹が発現することが報告されている。

●ステアリン酸エリスロマイシン
テルフェナジン、アステミゾールを投与中の患者テルフェナジン、アステミゾールは肝チトクロームP-450による各種医薬品の代謝を抑制することがあり、併用によりこれらの血中濃度が上昇し、まれにQT延長、心室性不整脈、あるいは外国では心停止などの心血管系の副作用が報告されている。

●レボフロキサシン
小児安全性が確立されていない。

以上

参考文献:メーカー添付文書
     医薬品の使用禁忌とその理由改訂3版
     卸DI実例集第3集
     MEDICAMENT NEWS 第1500,1501 号

岐阜県薬剤師会ホームペ−ジに戻る