薬局で買える薬:最近のスイッチOTC

●アレルギー薬

商品名(メーカー名) 成分名 特徴
エージーアイズ(藤沢薬品)

エージーノーズ(藤沢薬品)
クロモグリク酸ナトリウム1g/100ml
マレイン酸クロルフェニラミン
(アイズ0.015g/100ml)
(ノーズ0.25g/100ml)
(ノーズのみ塩酸ナファゾリン0.025g/100ml)
クロモグリク酸ナトリウムががスイッチ成分。
クロモグリク酸ナトリウムは、1971年6月より気管支喘息に対し、1976年4月よりアレルギー性鼻炎に対して医療用として使用されてきた成分で、実績がある。

●胃腸薬

商品名(メーカー名) 成分名(1回量) 特徴
ザッツブロック(武田製薬)

センロック(第一製薬)
シメチジン100mg
ケイ酸アルミン酸マグネシウム200mg
合成ヒドロタルサイト250mg
炭酸水素ナトリウム200mg
シメチジンがスイッチ成分。(一日限度量は医療用の3/8)
シメチジンは、1976年に開発された成分で、20年間150カ国で使用されており、実績がある。
混合製剤とすることで即効性と清涼感(散剤:炭酸水素ナトリウムのため)を持たせた製剤となった。
パンシロンH2ベスト(ロート製薬)

フロンティア錠(藤沢薬品)
シメチジン100mg
アルジオキサ100mg
ケイ酸アルミン酸マグネシウム200mg
シメチジンがスイッチ成分。(一日限度量は医療用の3/8)
シメチジンは、1976年に開発された成分で、20年間150カ国で使用されており、実績がある。
混合製剤とすることで即効性と胃粘膜保護作用(アルジオキサ:アラントイン+水酸化アルミニウム:の作用)を持たせた製剤となった。
三共Z胃腸薬(三共)

大正エスブロックZ(大正製薬)
塩酸ラニチジン63mg
ケイ酸アルミン酸マグネシウム250mg
酸化マグネシウム100mg
水酸化アルミナマグネシウム200mg
塩酸ラニチジンがスイッチ成分。(一日限度量は医療用の3/4)
ラニチジンは、この10年間世界一販売されている医薬品である。また、副作用情報などの臨床データも豊富にあり、実績がある。
混合製剤とすることで、持続性と即効性を持たせた製剤となった。
ガスター10(山之内製薬) ファモチジン10mg ファモチジンがスイッチ成分。(一日限度量は医療用と同じ)
医療用10mg錠と全く同じ成分、同じ量の製剤。
一回の服用で約10時間効果が持続する。


*必ず、薬に同封されている「使用上の注意」をよく読んでから、使用して下さい。

岐阜県薬剤師会ホームページに戻る